AX

「弟子たち(disciples)を育てる」という使命

2018-03-10

わたくし生井利幸は、現在、新作の単行本に取り組んでいます。取り組んでいる企画はいくつかありますが、その中の一つは、「宇宙空間を大前提として人間存在を哲学する」という趣旨の原稿です。

わたくしには、自分の命を預けて、わたくしの下で猛勉強をしている弟子たち(disciples)がいます。弟子たちが目指しているのは、「世界レヴェルの英知・美意識」の構築具現。但し、一口で「世界レヴェル英知・美意識の構築具現」といっても、これを英語で行う、実に難しい勉強の道です。

本来、わたくしは、英語という言語を、「英米人の言語」としては捉えていません。英語は、単に英米社会で使われている言語というよりも、もはや、「人類」(humankind)の共通言語としての役割を担っている言語です。人類の共通言語を使って、「世界レヴェルの英知・美意識」の構築具現を目指す、・・・壮大なる英知のスケールを誇るこの勉強は、僅か数年間でできる勉強ではなく、実に、弟子自身が「一生涯をかけて行う勉強」となります。

師であるわたくし生井利幸にとって、「弟子たちを育てる」ということは、「自分の命を削る」ということです。「自分の命を削る」、・・・普通の人がこのことを耳にしたら、これは一体どのようなことを意味するのか、想像することは難しいでしょう。

「弟子たちを育てる」、・・・わたくしは、毎日の24時間の一秒一秒において、常に、「最高・最善の方法」について腹で哲学し、それを実行し続けています。

英語道弟子課程・第一稽古場(銀座書斎・「奥の聖域」)にて、『準エラヴェイティッド英語』を介してルネッサンス期の美意識に関する特別稽古を受講する、英語道弟子課程、弟子(disciple)・H.Kさん。

英語道弟子課程・第一稽古場(銀座書斎・「奥の聖域」)にて、『準エラヴェイティッド英語』を介してルネッサンス期の美意識に関する特別稽古を受講する、英語道弟子課程、弟子(disciple)・H.Kさん。H.K.さんは、わたくしの下で、毎日、全力で猛勉強を続ける愛弟子の一人です。

⇒ 英語道弟子課程・トップページはこちら。

生井利幸事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-14-2 第一はなぶさビル5F
Copyright© 2003-2018, Toshiyuki Namai All Rights Reserved.