AX

読み物カテゴリ: ‘告知’

「『基準の概念』について講義する」(生井利幸が、「21世紀に必須の哲学」を世界へ発信)

2024-01-30

生井利幸の新刊、「酒の哲学」(ヴォイージ出版)が、2024年1月6日に出版されました。

2024-01-08

2024年1月6日、生井利幸の新刊、「酒の哲学」(ヴォイージ出版)が出版されました。

⇒ 詳細はこちら。

生井利幸の新刊、「哲学者が唱える二〇〇の知恵」(ストラール出版)が、2024年1月1日に出版されました。

2024-01-05

2024年1月1日、生井利幸の新刊、「哲学者が唱える二〇〇の知恵」(ストラール出版)が出版されました。

⇒ 詳細はこちら。

生井利幸の新刊、「仕事は『哲学思考』で決まる」(ヴォイージ出版)が2023年12月30日に出版されました。

2024-01-02

2023年12月30日、生井利幸の新刊、「仕事は『哲学思考』で決まる」(ヴォイージ出版)が出版されました。

⇒ 詳細はこちら。

2023年10月4日、最新作、生井利幸著「哲学詩 形と本質」(ヴォイージ出版)が出版されました。

2023-10-08

2023年10月4日、最新作、生井利幸著「哲学詩 形と本質」(ヴォイージ出版)が出版されました。

⇒ 詳細はこちら。

人生相談室(相談料:無料)

2023-09-25

読者の皆さん、毎日の生活において、「何らかの深刻な問題・悩み」を抱えていませんか。

例えば、
・「どの情報を信じたらよいのか、良くわかりません。どのようにして信頼できる情報を得ることができるでしょうか」
・「人生における目標が見つからないのですが・・・」
・「もう長い間、自分が本当にやりたいことが見つかりません。どのようにしたら生き甲斐を見出せるのでしょうか」
・「他人が自分をどのように見ているのか、気になって仕方がありません。このままの自分で良いのでしょうか」
・「最近、世の中の動き・変化の影響で、しっかりと挨拶をしない人が増えていますが、自分はどのように行動していくべきなのでしょうか」
・「一人になると、とても寂しくなります。寂しくならない方法はありますか」
・「どうしても、うまくいかないことがあるのですが・・・」
・「平気で嘘をついてしまう自分を改善したいのですが・・・」
・「頭が痛くなることが多いのですが・・・。何か、解決策はありますか」
・「無理して家を買いましたが、人生における明確な目標・道が見えません。今後、どうしたら良いでしょうか」
・「現在の社会情勢について考えると、不安で仕方がありません。これからどのように生きていくべきなのか、『適切な助言』をいただきたいのですが・・・」
・「テレビやインターネット等の情報に振り回されたくありません。無責任な情報から離れ、しっかりと自分を捉えて『自分らしい生き方』をしたいのですが・・・」
・「仕事の遣り甲斐を感じないのですが、何か解決策はありますか」
・「心を豊かにする方法を教えてください」
・「好きな人がいますが、相手に、はっきりと自分の気持ちを言うことができません。どうしたら良いでしょうか」
・「”忙しさ”と”ストレス”には関係がありますか」
・「毎日、育児に追われ、もの凄いストレスがある。ストレスの解消法について教えてください」
・「テレビやインターネットを見ていると、憂鬱になったり、気持ちが悪くなります」
・「家族や友人はいるが、一人になると心の中が空っぽになります」
・「電車に乗ると、気分が悪くなります。医師に相談しましたが、同じ症状が続きます」
・「何か食べていると安心するという、自分の生活習慣を改善したいのですが・・・」
・「産後の女性ホルモンのバランスの乱れを整える方法について教えてください」
・「赤ちゃんを育てながら、自分も成長していきたいのですが・・・。そのための方法を教えてください」
・「産後、夫との関係に悩んでいます」
・「夫には相談できないことがあります。”心の中の真実”を打ち明ける場所が欲しいのですが・・・」
・「勉強の遣り甲斐を感じないのですが・・・」
・「人とのコミュニケーションが苦手です。自分を改善する方法を教えてください」など

生井利幸事務所は、「相談したい問題・悩みを抱えているが、相談するための適切な場所がない」という一般の方々のために、人生相談室を設置しています。相談に関わる費用は、一切無料です。詳しくは、以下をご覧ください。

⇒ 生井利幸事務所・銀座書斎、人生相談室(無料)の詳細はこちら。

生井利幸の新刊、「賢者となる言葉 三○○編」(コールサック社)、2023年8月4日に発売。

2023-07-30

生井利幸の新刊、「賢者となる言葉 三○○編」(コールサック社)が、2023年8月4日に発売されます。現在、全国書店、及び、アマゾン等にて、先行予約を受付中。

⇒ 新刊の詳細はこちら。

生井利幸の最新作、「箴言 光がみえる言葉」(ストラール出版)、好評発売中!

2023-07-07

生井利幸の最新作、「箴言 光がみえる言葉」(ストラール出版)、好評発売中!。詳細は、以下をクリックしてご覧ください。

 ⇒ 生井利幸著「箴言 光がみえる言葉」(ストラール出版)

今日の言葉

2023-05-09

正しいことは、他人から説かれて行っても何ら意味を成さない。正しいことは、自分で目覚め、自分自身の意志で行わない限り、そこに意味が生じることはない。

40分間、「無の境地」を体験

2023-03-19

美学として捉える「仏教・禅宗における無常観の美しさ」

It is absolutely beautiful to feel "a sense of transiency" in the dark.

It is absolutely beautiful to romantically feel “a sense of transiency” in the dark. Buddhistic beauty supernaturally surpasses description.

⇒ You cannot taste the same water, again.(英語音声講義)

・・・英語音声講義について・・・
前掲・英語音声講義は、仏教・禅宗における「無常観の美意識」を英語で表現した”ポエティックな講義”です。表現する言語が西洋の言語でも、仏教の無常観における美意識を味わうことができます。読者の皆さん、是非、部屋のライトを消して、英語で「無常観の美意識」を体験してください。無常観は、「銀座書斎が提供する美意識の一つ」でもあります。

40分間、「無の境地」を体験

1 概要
・・・銀座書斎にて、40分間の「無音・無会話・無情報」の時空間を体験・・・
時代や社会情勢にかかわらず、大衆社会は、多かれ少なかれ、「責任不在の情報」に影響される傾向にあります。言うまでもなく、人々の心を脅かす情報は、無責任に、人々を非理性的な方向に誘導・扇動し、「本来の人間の生き方」から遠ざけ、人々を盲目にします。銀座書斎は、一般の人々を対象として、「この2023年に生きる人間に必要な『無の境地』」を体験する機会を提供しています。読者の皆さん、是非、銀座書斎における「清らか、且つ、静寂なる空気感」の下、心の中に蔓延する邪念・雑念を一掃し、今再び、「人間としての正道」を見出してください。

2 詳細、及び、申し込み
1)場所
 生井利幸事務所、銀座書斎・中央スペース
2)体験時間
 40分
3)時空間の設定
 アロマ・ディフューザー・蝋燭等を使用し、清らかな時空間を創造。40分間、「無音・無会話・無情報」の時空間を提供。体験者は、完全に一人になり、美しい「無」の境地を体験具現。
4)費用
 無料
5)申し込み方法
 ⇒ 生井利幸事務所・社会貢献活動ページにて申し込み

補足

「無の境地」の体験の当日、銀座書斎にお約束の時刻よりも少し早めに到着すると、階段スペースにて、生井利幸の弟子たちが心を込めて表現する「お花の美意識」を観賞することができます。

20200311_sm2

20200506_hk

弟子たちは、毎日、継続的に、お花の手入れをしています。お花は、人間の心を洗います。当日は、お花の美意識を満喫した後、5階の銀座書斎に入室してください。

20200405_mu

20200506_mu

銀座書斎では、2017年の夏は、19世紀・フランスのバルビゾン派画家、ジャン=フランソワ・ミレー(1814-1875)をテーマとして啓蒙活動を行っています。現在、銀座書斎の中央スペースに、「馬鈴薯植え」(写真・上の右)、「晩鐘」(写真・上の左)、「羊飼いの少女」(写真・下の右)、「種まく人」(写真・下の左)を設置しています。

銀座書斎・中央スペースにて、19世紀・フランスのバルビゾン派画家、ジャン=フランソワ・ミレー(1814-1875)が描いた「馬鈴薯植え」(写真・上の右)、「晩鐘」(写真・上の左)、「羊飼いの少女」(写真・下の右)、「種まく人」(写真・下の左)等を鑑賞することができます。美術作品の装飾については、季節ごとに、装飾テーマ・装飾法を刷新しています。絵画の手前には、ミレーが唱えた「労働の尊厳」(dignity of toil)を表現する万能(まんのう)を設置。

フランス絵画の印象派の画家、ピエール=オーギュスト・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir, 1841-1919)が描いた絵画、「コンセルヴァトワールの出口」。

ピエール=オーギュスト・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir, 1841-1919)作、「コンセルヴァトワールの出口」。銀座書斎・中央スペースにて撮影。

生井利幸事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-14-2 第一はなぶさビル5F
Copyright© 2003-2024, Toshiyuki Namai All Rights Reserved.