AX

「錨(いかり)を下ろす」という考え方・・・自己実現法の一形態

2018-04-08

広大な海を進む船を一定の場所に停泊させるには、錨を下ろさなければなりません。その理由は、船の下は海水であり、船は、「海水の上に浮いているだけ」だからです。

「錨を下ろす」という概念を人間の生き方に譬えれば、(1)「自分の居場所を作る」、(2)「ふらふらすることなく、心を落ち着かせる」、(3)「心を一つの場所におき、心を安定させる」という意味を成します。

「欲を出し、よそ見ばかりをしていると、結局、何も身に付かない(得られない)」、・・・この有様は、多くの人間が経験する「常」です。

読者の皆さん、”腹を決めて”、錨を下ろしていますか。目標を定めたら、一つに絞り、錨を下ろしてください。錨を下ろして全力でそれに取り組むことにより、必ず、(本当の意味で)前に進むことができます。

外の新鮮な空気を吸い、ゆっくりと思索しながら食事ができるレストランの前で撮影。同レストランは、日比谷公園の中にあります。

外の新鮮な空気を吸い、ゆっくりと思索しながら食事ができるレストランの前で撮影。同レストランは、皇居の隣、日比谷公園の中にあります。

生井利幸事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-14-2 第一はなぶさビル5F
Copyright© 2003-2018, Toshiyuki Namai All Rights Reserved.