AX

the basis of genuine intellect(真の意味での『知性の基盤』)

2013-12-18

私たち人間は、常日頃から「事実を認識する」という行為を行っているのでしょうか。「事実を認識する」、・・・言葉で言うのは簡単ですが、実際、これを行うことは決して簡単ではありません。

概して、「事実」(fact)には2つの事実があります。一つは、1)「自分にとって都合の良い事実」、そしてもう一つは、2)「自分にとって都合の悪い事実」です。人間は、概して、「自分にとって好都合な事実、利益になる事実」はすぐに認めますが、その反面、「自分にとって都合の悪い事実」「認めたくない事実」に対しては、<個人的な感情>が優先して、自分の心の中でそれがかりに事実であると気づいていても、その事実を認めようとしないものです。

自分の「知性」(intellect)を磨き抜き、何らかの本質や真理を探究するには、まず第一に、「この世に存在するありとあらゆる事実」を認識する必要があります。事実の面前で謙虚になれない人は、常に、事実の先にある「より高いステージにある境地」に入ることは不可能です。「事実に対して盲目にならない」、・・・このことは、「真の知性」(genuine intellect)を構築していく上で大前提となる基礎条件です。

英語音声講義

⇒ the basis of genuine intellect(英語音声講義)

生井利幸事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-14-2 第一はなぶさビル5F
Copyright© 2003-2019, Toshiyuki Namai All Rights Reserved.