AX

”少な目”の美意識

2023-01-15

”少な目”の美意識

量をとるか、
または、質をとるか

人は大抵、量をとる
人は、”多ければ多いほど良い”、と考える

だが、量の多さは、
ものの価値について盲目にさせる

本当に、
多ければ多いほど良いのだろうか

いや、むしろ、
少な目を”良し”としたいものだ

少な目は美しい
少な目を良しとし、
少な目の美意識を磨いていくと、
ものの価値、そして、ものの真価について感じ取れるようになる

人は、”美しくなりたい”、と考える
美しくなるには、
量に惑わされないことだ

少な目の美意識
ほどほどの美意識
足りている、と捉える美意識

足りていないとき、
”足りている”と捉えた瞬間、
人は、美しさに内在する本質的要素の一側面を感じ取る

生井利幸事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-14-2 第一はなぶさビル5F
Copyright© 2003-2023, Toshiyuki Namai All Rights Reserved.