AX

読み物カテゴリ: ‘哲学詩’

“Solid or breathable”

2014-05-04

Solid or breathable

knowledge rejects knowledge
That is to say, tasteless knowledge certainly repels other tasteless knowledge
this is a matter people ordinarily don’t recognize at all

essentially, there are two kinds of knowledge
one is “solid knowledge”
the other is “breathable knowledge”

solid knowledge is “quite solid and tight” between one piece and another piece of knowledge
there is nothing cultural to taste deliciously between the two there

breathable knowledge is “spacious enough” to taste something cultural
and you are ready to associate one piece of knowledge with another in the whole sphere of knowledge breathable

breathable knowledge is “gracefully breathable” between one piece and another
I’d like you to meaningfully breathe the air in the sphere of rationality
culture is beautifully developed through breathing such rational air

英語朗読

⇒ Solid or breathable(英語朗読)

“A romantic journey to a sense of vacancy”

2014-04-19

A romantic journey to a sense of vacancy

vacancy is not a simply vacant
to think of vacancy in my brain
nothing comes to me at all

What is a thing romantically feeling in myself?
in feeling a sense of vacancy,
something vacant comes to me as a romantic journey inwardly

thinking in my brain is just a matter of logicality
feeling is the very matter of something delicate critical in my heart

critical or crucial?
That’s the very matter of delicacy which gives me a meaningful destination

nobody can control destiny at all
destination itself can be romantically decided by my free will

I remember now
I used to spend those days not to feel anything critical in my life a long time ago
I didn’t urgently feel anything critical in those days
because I had been materially satisfied with what I possess in those days

ultimately, possession unbelievably spoils human beings
no possession is a real possession
I feel no possession is beautifully romantic

英語朗読

上記哲学詩について、生井利幸による英語朗読を聴くことができます。

⇒ A romantic journey to a sense of vacancy(英語朗読)

A phony shows his true colors.

2013-12-05

A phony shows his true colors.

genuine or phony
it doesn’t matter whether he is genuine or phony

a genuine person remains in your life
a phony disappears eventually
there is such natural law in human society at all times

a phony shows his true colors sooner or later
therefore, you don’t have to do anything special in front of a meretricious person

do what you need to do without hesitation
nobody disturbs you anything
all you need is perseverance to do what you need to do

英語朗読

⇒ A phony shows his true colors.(英語朗読)

悲惨極まりない”文明の墓場”

2013-10-03

悲惨極まりない”文明の墓場”

わたしは今、自然の暗闇の中で蝋燭を灯し、静寂の夜を過ごす
一歩外に出ると、人工的なネオンと雑音で蔓延する”文明の墓場”がそこにある

文明社会は、一見すると、極めて理知的な空間の中において、
理性と理性が相互に交錯しているかのようにも見える

だが、わたしは、この現代社会においては、
文明それ自体が、”尊厳性ある理性的思考”を遠ざける源流と化してしまっているように思えてならない

今、わたしは改めて思う
この文明社会は、人間の”純粋理性”に容赦なく”毒”を塗っている、と

来る日も来る日も、文明の利器に溺れる人間の様相をこの目で見るわたしは今、
一人でも多くの人間が、この”毒された文明”から適度な距離を保ち、
純粋理性を介して、”より尊厳性のある思索”を試みることを願ってやまない

英語音声講義

読者の皆さん、毎日、朝から晩まで、スマートホン等の携帯端末に自分を支配されていませんか。「便利な道具」は確かに便利ですが、本来、道具は使うものです。道具に一日中支配されてしまったら、「一個の人間としてあるべき姿」を忘れてしまいます。道具は、適度に上手に使い、限りある時間を有意義に過ごしてください。

本日の英語音声講義は、「私たち人間は、この文明社会において「本質」(essence)を忘れないで生きていくためにはどうしたらよいのか」、生井利幸が具体例を述べながら講じています。

⇒ 悲惨極まりない”文明の墓場”(英語音声講義)

尊厳そのものに尊厳はない

2013-09-15

尊厳そのものに尊厳はない

生きるとは、喜び、悲しみ、快楽、辛苦、情愛、憎悪など、
様々な人間の情感が交じり合う”生の連続性”

生の連続性におけるその過程には、二つある

一つは、誰もが通りたいと切望する十分に整備された歩きやすい道
もう一つは、雑草が生い茂り、精を出して力いっぱい歩こうとしても、
そう易々とは前に進むことのできない暗黒荒野の道

人間は皆、この二つの道について、自分の尺度で捉え、解釈し、
理性的思考を介して自分の生き方を決めなければならない

私は今、腹の底から感じてならない
人間の”尊厳性の質”とは、
これら二つのうち、どちらを採るのかで決まるのだ、と

尊厳そのものに尊厳はない
真の意味での尊厳とは、一人ひとりの人間の生きる姿勢の中に、
意気揚々と輝きながら存在するものだ

英語音声講義

哲学詩に内在する本質について英語で鑑賞することができます。

⇒ 尊厳そのものに尊厳はない(英語音声講義)

生井利幸事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-14-2 第一はなぶさビル5F
Copyright© 2003-2021, Toshiyuki Namai All Rights Reserved.