AX

生井利幸の下で勉強を始めて11年目を迎える弟子・H.K.さんの学習成果

2019-01-21

本稿では、「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現を目指し、2008年8月からわたくしの下で学んでいる弟子・H.K.さん(英語道弟子課程)におけるこれまでの学習の成果の一部をご紹介します。

下の写真は、実に長い期間にわたって、H.K.さんが心を込めて作成してきたノートの一部です。H.K.さんは、2019年1月現在、わたくしの下で勉強を始めてから11年目になります。

20190119

以下、このたびメールで受信したH.K.さんからの素敵なメッセージをご紹介します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
生井利幸先生、

こんにちは。今朝は理性性・基盤構築稽古を賦与していただき、ありがとうございました。録音をさせていただけることは、冷静に考えると、どこの世界にもあり得ないことで、生井先生から賦与された宇宙規模の愛です。これからしっかり復習をさせていただきます。

今朝の稽古において、過去の「理性性・基盤構築稽古用のノート」を確認いただいた際に、これまでに溜めてきたノートを写真に撮って送って、というお話をいただきました。早速ですが、本メールにてお送りいたします。(写真は1枚を添付。名称:DSCF0893.JPG 3.1MB)

普段は本棚のようなものと小さな棚とに分けて使用しており、一度その絵を撮ってみたのですが、全然うまく撮れませんでした。そのため、窓際に全部出して並べてから撮ることにしました。写真の中のノートは、左側は「公式サイト」から始まり、「生井利幸先生ご著書『人生に哲学をひとつまみ』」、「英会話道場イングリッシュヒルズ」、「英語道弟子課程」、「耳学問」、「国際教養塾・神学概論」、「その他の学習関連」という順に並べています。一冊を取ってみても、本当に巨大で偉大な英知をいただいている!と感じます。

ここに並んでいるのは、主に2013年以降のものです。本当は、生井利幸先生からいただいてきた英知はもっとあったはずなのです。2008年〜2012年の間は、ノートの整理の仕方も分からずに引き出しにしまっていました。当時の私は全然分かっていなかったのですが、時々、それらを見返しては、私自身が全く何にも分かっていなくてただノートを書いているだけ、ということがわかり、見るのが嫌になり、過去を丸ごと消してしまいたいと思って処分してしまったことがありました。ですので、10年学んでいる割にはノートが少ないです。ネガティブな過去もポジティブな過去もすべて人生経験として客観的に見ることができるチャンスを処分した私は本当に馬鹿です。申し訳ありません。先生のご都合のよろしい時にご確認いただけましたら幸いです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

生井利幸事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-14-2 第一はなぶさビル5F
Copyright© 2003-2019, Toshiyuki Namai All Rights Reserved.