AX

大気圏(the atmosphere)の存在の意味

2018-03-05

すべての人間には、「理性」(reason)が賦与されています。私たち人間は、日々、この「理性」を使って様々な事物・問題について考え、妥当な判断をし、そして、行動しています。本稿では、地球を覆う「大気圏」(the atmosphere)の存在を大前提として、「人間は、宇宙に浮かぶ一個の惑星の中に生息している存在者である」、そして、「人間は、地球という惑星の“大気圏内”でないと生息できない存在者である」という真実について考えてみましょう。

「大気圏」とは、言うまでもなく、地球の周りを囲む気体の総体を指します。大気圏には、空気の5分の4を占める窒素(nitrogen)、空気の5分の1を占める酸素(oxygen)、その他、微量ではあるが、水素、アルゴン、二酸化炭素、オゾン、ヘリウム等が含まれています。

体積としての空気の比率は、窒素4(78.10%)・酸素1(20.93%)の割合です。この比率は、地上から高度80km付近までほとんど変わりません。言うまでもなく、大気圏は、太陽の放射線から地球上の植物・生物を守り、同時に、地球表面の温度を(植物・生物等にとって)“適切温度”にする役割を果たしています。私たち人間において最も重要な認識事項の一つは、一事が万事において、「人間はこの大気圏の中に生息している」という“周知の事実”です。

前述の、「大気圏の中に生息している」とは、表現を換えると、「人間という動物は、『大気圏』(the atmosphere)という保護圏域において、理性的存在者として、“自らの意思で”一秒一秒呼吸している」という様相・有様を意味します。宇宙空間に存在する「地球」「人間」について以上のような捉え方を思索の基盤とし、今再び、「人間に賦与された理性」(reason given)について捉え直してみると、「人間存在に関する問題に内在する本質」について探究するための道のりを歩むことができます。

生井利幸事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-14-2 第一はなぶさビル5F
Copyright© 2003-2018, Toshiyuki Namai All Rights Reserved.