AX

読み物カテゴリ: ‘文化・芸術論’

the ultimate of beauty in the very nature of nature

2014-01-29

There is no remarkable difference between the two, “something natural” and “something supernatural” judging from the immense distances of space.

This time, you are guided to reach the “ultimate of beauty” you can recognize in the very nature of nature. The first step you’ve got to do is that you get rid of the stereotype you possess. Then, there shall be a way to see the essence of beauty gradually.

英語音声講義

⇒ the ultimate of beauty in the very nature of nature(英語音声講義)

“a sense of quintessential beauty”

2014-01-23

A sense of quintessential beauty is differentiated from a sense of beauty. Now, I systematically lecture upon this theme.

There are three major different stages to understand a sense of quintessential beauty itself. It is quite abstruse to grasp the ultimate stage of beauty absolutely. Additional voice lectures shall be uploaded to lecture upon the quintessence of a sense of beauty aesthetically later on.

英語音声講義

⇒ a sense of quintessential beauty(英語音声講義)

バルビゾン派の代表的なフランスの画家、ジャン=フランソワ・ミレーの「馬鈴薯植え」の精神について

2013-09-20

生井利幸事務所の「森のギャラリー」(Gallery in the forest)には、バルビゾン派の代表的なフランスの画家、ジャン=フランソワ・ミレー(1814-1875)の「馬鈴薯植え」が飾られています。ミレーの「馬鈴薯植え」は、森のギャラリーを訪れる人々に、「人間が流す一滴の汗の『重さ』と『価値』」を教えてくれます。

”概念”(concept)としての「『尊厳』そのもの」(“dignity” itself)には、何ら実体的な価値は存在しません。真の意味での尊厳とは、実際に、人間が労働を通して流した「一滴の汗」(a drop pf perspiration)の中に存在するものです。

人間における「労働の尊厳」(dignity of toil)について確かな実感として感じ取りたい読者の皆さんは、是非、以下の英語音声講義、及び、英文教材(英語朗読付)を活用し、「自分自身の精神の成長」に役立ててください。

森のギャラリーで鑑賞するミレーの「馬鈴薯植え」。

森のギャラリーにおけるミレーの「馬鈴薯植え」。

1 ミレーの「馬鈴薯植え」の精神を講じる生井利幸の英語音声講義

⇒ the meaning of a drop of perspiration(英語音声講義)

⇒ All you need is just a sweat.(英語音声講義)

2 ミレーの「馬鈴薯植え」の精神を基盤として作成された生井利幸の英文教材

⇒ Courageous departure from the dehumanization of human beings in the poisoned civilization

3 上記英文教材の朗読(英語)

⇒ Courageous departure from the dehumanization of human beings in the poisoned civilization(英語音声講義)

上記の学習教材を勉強し、しっかりと自分のものとするには相当のエネルギーが必要となります。しかし一方、苦労して勉強するその過程において「汗」(perspiration)を流すことにより、ミレーが表現している「労働(苦労)の尊厳」(dignity of toil)について、「自分自身における『実際の経験』(real experience)」として感じ取ることが可能となります。

4 / 41234
生井利幸事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-14-2 第一はなぶさビル5F
Copyright© 2003-2020, Toshiyuki Namai All Rights Reserved.