AX

読み物カテゴリ: ‘銀座書斎エッセー’

愛弟子・K.H.さんが勉強し続けてきた旧生井利幸公式サイト・「銀座書斎日記」(2009年5月29日~2010年7月30日)

2016-05-30

わたくしが主宰する英会話道場イングリッシュヒルズ、英語道弟子課程で学ぶ弟子(disciple)・K.H.さんは、実に長い期間を費やして、旧生井利幸公式サイト・「銀座書斎日記」に掲載されている執筆内容についてノート作成を行っています。K.H.さんは、毎週1回の英語稽古にて、銀座書斎日記について、トピックごとに作成しているノートのコピーを講師に提出。K.H.さんは、ノートのコピーを提出後、その場で、わたくし生井利幸から、英語で、その内容についての講義を受講しています。

英会話道場イングリッシュヒルズ、英語道弟子課程・第一稽古場(銀座書斎)で学ぶ弟子(disciple)・K.H.さん。

英会話道場イングリッシュヒルズ、英語道弟子課程・第一稽古場(銀座書斎)で学ぶ弟子(disciple)・K.H.さん。

本稿では、2009年5月29日~2010年7月30日までの旧生井利幸公式サイト・「銀座書斎日記」についてK.H.さんが作成したノートをご紹介します。以下において、K.H.さんが、わたくしの弟子として、わたくしの精神・哲学をどのように学んでいるか、その一部分についてご紹介します。

◆K.H.さん作成ノート1
旧公式サイト「銀座書斎日記」(2009年5月29日~2010年7月30日)<1>
 (計38ページ)

◆K.H.さん作成ノート2
旧公式サイト「銀座書斎日記」(2009年5月29日~2010年7月30日)<2>
 (計39ページ)

⇒ K.H.さんが作成した上記・計77ページのノートは、ここをクリックして閲覧してください。

The water in the river naturally flows into the sea.

2016-02-05

I absolutely feel something beautiful and meaningful in the following expression, that is to say, “the water in the river naturally flows into the sea.”

I’d like you all to deeply imagine something meaningful in the expression written and listened to. It would be a powerful hint or idea for your fruitful cultivation in the future.

英語音声講義

⇒ The water in the river naturally flows into the sea.(英語音声講義)

“Every cloud has a silver lining.”

2016-01-14

英語音声講義

⇒ ”Every cloud has a silver lining.”(英語音声講義)

新年の挨拶として、愛弟子・T.A.さんが銀座書斎を訪問しました。

2016-01-03

日本全国、及び、世界中の読者の皆さん、新年明けましておめでとうございます。2015年終盤、そして、2016年を迎えるこの時期において、当・生井利幸事務所、銀座書斎には、実にたくさんの人々が年末年始の挨拶に来てくれました。

人間と人間の「繋がり」「関係性」において、「節目に挨拶する」という行為は、言うなれば、お互いの信頼関係を構築し、それを維持していく上で極めて重要な行為であると、わたくしは考えます。

2016年を迎え、本日、1月3日(日)の午前において、わたくしの愛弟子、英会話道場イングリッシュヒルズ、英語道弟子課程弟子、T.A.さんが、銀座書斎に新年の挨拶に来てくれました。

本日は、T.A.さんとコーヒーを飲みながら歓談を楽しんだ後、T.A.さんに書初めを体験していただきました。概して、書は、「字を書く」という行為として捉えられがちですが、実際、字を書く前に「何を書くか考える時間」を持つのが通常です。つまり、書とは、単に「字を書く」という行為を指すのではなく、「深い思索を試み、それを文字で表現する」という一連の行為を指すものです。

以下におきまして、愛弟子、T.A.さんをご紹介致します。

KC4A0773

KC4A0776

2015年末には、T.A.さんから以下のような真心のこもった手書きのお手紙をいただきました。

KC4A0777

銀座書斎訪問の際、T.A.さんから御年賀を頂戴しました。

KC4A0778

⇒ Calligraphy as the embodiment of spirit(英語音声講義)

⇒ 英会話道場イングリッシュヒルズ、英語道弟子課程

inherent gravitation as the mechanism of human nature

2015-10-13

When you are in a quandary about what to do next, it is absolutely important to listen to a ring deriving from your heart.

The ring guides you what you really need to do right now. At first, You need to tranquilize yourself, and listen to a voice coming from your heart. How you listen to a ring deriving from your heart reasonably guides you to go to a right direction.

英語音声講義

⇒ inherent gravitation as the mechanism of human nature(英語音声講義)

“Grasp all, lose all.”(欲張ってすべてを手に入れようとすれば、そのすべてを失う。)

2015-08-17

英語音声講義

⇒ Grasp all, lose all.(英語音声講義)

“Grasp all, lose all.”(欲張ってすべてを手に入れようとすれば、そのすべてを失う(全部掴もうとすれば、結局、そのうちの一つも掴めない)。)という諺は、真理の一つと明言できるでしょう。

概して、人生経験の浅い人は、「たくさんやってみることが大切」という考え方一色になる場合がほとんどです。人間は、最初は、たくさんやってみて、後に、たくさんやって失敗を重ねて、「結局、一つに的を絞ることが最善の方法だ」ということに気づきます。

「的を絞る重要性」について深い認識・理解に到達するには、通常の場合、相当なる人生経験が必要となります。「欲張りになると、結局は、何も得られない」、・・・読者の皆さん、是非、絶対に実現したいことを一つに絞って、それを極限(限界)までやってみてください。一つに絞ってやってみれば、必ず、前に進めます。

What you know now is enough for the time being.

2015-08-09

英語音声講義

⇒ What you know now is enough for the time being.(英語音声講義)

“A wise person travels incognito.”・・・賢者は”忍び”で旅を楽しむ

2015-06-17

「社会的地位や名声を旅先には持ち込まない」という考え方は、言うなれば、世界の教養人・見識者における常識です。本来、「旅」は、普段の生活から離れ、「新しい経験」を得る目的で楽しむところにその醍醐味があります。

浅はかな知識や固定観念に依存するばかりで、「脳を開発する『知恵』(wisdom)」を持たない非理性的存在者は、旅先でも、

 1)「意味のない自己顕示欲」
 2)「自分が勤務している組織の名前」(概して「自分は”組織の歯車”である」という現実に対して盲目な人が多いでしょう)
 3)「(出るところに出れば)何の価値もない勤務先内での肩書」

をそこに持ち込もうとします。

人間は、自分の地位や所有物が、見るところから見れば「”瓦落多(がらくた)同然”のちっぽけな代物」という真実を知ったときに初めて、「自己における『本質』(the essence)」を認識し、「旅の楽しみ方」を知るようになります。

旅をするとき、例えば、海外旅行をするとき、「自分が『お上りさん』であるか否か」という様相は、上記の考え方・捉え方について理解できるかどうかでわかるでしょう。一個の人間の「品格」というものは、まさに、このあたりに露呈します。

英語音声講義

⇒ A wise person travels incognito.(英語音声講義)

Breathable knowledge is “spacious enough” to taste something cultural.

2015-05-21

英語音声講義

⇒ Breathable knowledge is “spacious enough” to taste something cultural.(英語音声講義)

“Natural law” in the human society

2015-05-12

If you already have “something reasonable,” no explanation is necessary regarding it in the presence of people. Because People are gradually coming to understand what it is, if it is a “genuine piece.”

As the proverb goes, “Good wine needs no bush.” You don’t need to explain the quality of the one a lot to the people, if it is good enough already.

英語音声講義

⇒ ”a natural law” in the human society(英語音声講義)

生井利幸事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-14-2 第一はなぶさビル5F
Copyright© 2003-2021, Toshiyuki Namai All Rights Reserved.